エンタメ

【衝撃】佐渡のとあるお寺に”ウサギ観音様”建立!何だコレは(笑) 世界中からツッコミ殺到!

新潟県佐渡市の真言宗豊山派北豊山・長谷寺(ちょうこくじ)に完成した「ウサギ観音」とは一体…?!?!

佐渡の長谷寺に「ウサギ観音」が誕生

長谷寺にこのほど、「ウサギ観音」が建立されました。
高さ約6メートル(ウサギ観音本体が約4.5メートル、蓮華台座と台座で1.6メートル)、幅約1.5メートル。
ウサギ観音像の本体は御影石で製作されており、胴体には当山のご本尊である国指定文化財の十一面観音のお顔が彫り込まれています。

長谷寺を草取りという形で守ってくれているウサギへの感謝の気持ちと、シンガポールのマーライオンに匹敵するような他にはない意外性とインパクトが大きいものを…との思いから構想しました。

目には発光ダイオードを仕込み、暗くなると赤く光るようになっています。
当初レーザー光を発射する予定でありましたが、法令上の問題から断念しました。

ウサギさんは境内の雑草を食べて寺を守ってくれています。
「では、ウサギさんは誰が守るのか」との思いから、「十一面観音様、ウサギさんをどうかお守りください」とウサギさんの胴体に刻み込んでいます。

さあ、次のページでtwitter民の反応を見てみよう!!

1 2