エンタメ

2019年逮捕秒読みの芸能人!ピエール瀧、田口淳之介の次は…あの人だ!

2019年2月1日、俳優の新井浩文さん(本名: 朴慶培(パクキョンべ):韓国籍 )がマッサージ店の従業員に対して性的暴行を働いたとして、逮捕されたのは記憶に新しいですよね。

その後、 3月6日 、東スポが「今後更に3人の大物芸能人が逮捕間近である」との予想を報じました。 記事によると実力派俳優A、大河ドラマ出演B、人気アイドルCの3人が警察にマークされているとのこと。

そして、なんと!!!

3月12日(記事が発表された6日後)に麻薬取締法違反の疑いでミュージシャンや俳優としても活躍するピエール瀧さんが逮捕されました。東スポが予想していた、「大河ドラマ出演B」の疑惑は違法薬物でした。またピエール瀧さんは大河ドラマ「いだてん」にも出演していましたから、この東スポの記事が的中したことに なります!東スポすごっ!

先日5月22日には元KAT-TUNの田口淳之介さん、小嶺麗奈さんも同じく麻薬取締法違反の疑いで逮捕されましたね。有名芸能人の逮捕が相次いでいます。

今日は、まだ逮捕されていない「実力派俳優A」「人気アイドルC」は一体だれなのか、予想してみたいと思います!

東スポ予想の中堅俳優Aとは一体誰?!

まず1人目は、新井被告と同様、いやそれ以上に映画やドラマでは欠かせない確固たるポジションを築いている中堅俳優Aだ。主演も張れるし、脇役としても輝ける。俳優としては類いまれなる才能を持っているのだが、なぜ逮捕間近と言われているのか? 
「Aの逮捕が近いと言われているのは、交際女性へのDVがひどいからです。Aによる女性への暴力はすさまじいものがあり、警察もこのまま放っておくことはできないと、注視しているのです」と捜査関係者。確かにAはどこか危険なにおいが漂う俳優であることは間違いない。だが、それが女性に向かったとなれば大問題だ。十数年前にもAは女性へのDV癖が噂になったことがあったが、今回は当局が重大関心を持っているとなると逮捕は絵空事ではないだろう。かねてDVは社会問題にもなっており、昔のように痴話喧嘩として捨て置けないだけに、いつ事件化してもおかしくない。

東スポ3月6日記事より

最有力候補は伊勢谷友介か

出典: wikipedia

伊勢谷友介さんのDV疑惑は2013年4月3日の週刊文春によって暴露されました。当時は長澤まさみさんとの熱愛が報じられていたので、世間ではかなり衝撃を持って受け止められました。

文春によると暴力は日常的に行われていたらしく、伊勢谷さんの元恋人は腫れた顔で仕事にに行くこともしばしばあったという話です。そして極めつけはエアガン発砲。 彼女に向けて部屋の中でサバイバルゲーム用のエアガンを撃ちまくり、逃げま回っているところを、追いかけ回していたという話です。ただの遊びだったのかな…?際どいところですね。

東スポ予想の人気アイドルCは噂の…?


Cは現役アイドルながら不良との付き合いも深い。反社会勢力と組んで、詐欺話にも加担しているようで、当局としてもこのまま被害者を増やすわけにはいかないと考えているのです。是が非でも逮捕したいと虎視眈々と狙っています」
 Cはアイドルとして歌番組はもちろん、バラエティー番組やスポーツ番組など幅広く出演しており、マルチな活躍を見せている。それだけに、逮捕となったら全テレビ局が青ざめることは間違いなしだ。「すでにCの周辺では逮捕者も出始めており、当局の本気度がうかがえます。いずれCにも司直の手が伸びる可能性は十分にあります」と同関係者。

東スポ3月6日記事より

手越裕也でほぼ確実..?!反社会勢力と関係か


「今回、東スポのヒントから名前が疑われているのが、ジャニーズアイドルTです。彼は過去、金塊強奪事件の容疑者と2人で写った写真が出回り、黒い交際が噂となったため、一部ネット民の間で名前が挙がる事態に。しかしTのファンからは『彼は日テレメインだから、“全テレビ局が真っ青になる”条件に当てはまらない!』『みんなこんな記事信じるのやめよう!』『自担が逮捕とか無理なんやけど』と反論や心配の声があふれかえる状況となっています」(前出・芸能記者)

出典:Asagei plus

福岡金塊強奪事件の被害者との交流があったという黒い噂…。写真も出回っています。たまたま偶然お店で会ってパチリと撮ったのか、繋がりがあったのかわかりませんが、これは怪しまれても仕方ありません。こんな写真が出回ったら大騒動となりそうですが、特にメディアで大きく取り上げられてはいません。事務所の圧力でしょうか?

手越は未成年との飲酒など不祥事が絶えず

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループNEWSの手越祐也(31)が、昨年9月と11月に飲酒をめぐって違法行為を犯していたことを「週刊文春」(文芸春秋)の電子版「週刊文春デジタル」が、昨年おおみそかに報じた。


「文春デジタル」によると、昨年9月、21歳未満の女性のアルコールの購入・飲酒が法律で禁止されているグアムでの飲み会で20歳の女子大生と飲酒。酒を提供した手越も罪に問われるという。

 昨年11月には19歳の短大生と飲み、短大生が酩酊状態に。現場は6月に「文春」で報じられた都内のバーだったというのだ。

出典: 2019年1月7日niftyニュー

火のないところに煙は立ちませんからね~。

2019年もあと半年!さて東スポの予想は当たるか?!